読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元刑事が書くデジモノブログ

警察歴7年の元刑事が、警察体験談からデジモノレビューまでやってます!

地域警察官の必携アイテムを紹介します

おはようございます、massanです。

今回は少し趣向を変えて(たまにはモノブログらしく)地域警察官の必携アイテムをご紹介します。

県によっては支給品になっているものもあるかもしれませんが、私の経験から「これはあって助かった」というものをチョイスしてみました。

勤務中に起こりうる場面を想像しながら、読んでみてください。

 

 

暗闇でも職務を遂行できる光を!「LEDライト」

まずは、暗闇での職務に心強い味方となる「LEDライト」です。

警察の仕事では、暗闇の中を動く場面も多いです。

夜間の職務質問、閉店した銀行やスーパー、うっそうと茂った山の中など…

光が無い場所にもたくさん行かなければなりません。

そこで必須になるのが「LEDライト」です。

私は「手持ちタイプ」と「クリップタイプ」の2種類のものを携帯しておりました。

 

手持ちタイプ 

手持ちタイプの場合、機能面で比較する点は、明るさ(ルーメン数)連続点灯時間です。

ルーメン数が大きいほど明るくなりますが、だいたい100〜500ルーメンあれば業務には十分だと思います。

700〜1000ルーメン級のかなり明るいモデルもありますが、本体の価格も高くなりますし、連続点灯時間も短いものが多くなります。

コストパフォーマンスも効率も、あまり良くありません。

 

私がオススメするのは、以下の機種です。 

【Amazon.co.jp限定】ジェントス LED 懐中電灯 【明るさ150ルーメン/実用点灯10時間/防滴】 閃 325 SG-325
 

ジェントス閃(せん)シリーズは、最大100〜200ルーメンの明るさを持ち、連続点灯時間も最大10時間程度のものが多いです。

夜間の警らで使用を繰り返した場合、だいたい2ヶ月くらいは持つと思います。

また、このモデルはコンパクトなサイズになっているので、耐刃防護衣のポケットにもスッポリ収まります。

使いたい時にもサッと取り出すことができ、大変便利です。

 

閃シリーズよりも、もう少し広く遠い範囲に光が欲しい場合、400ルーメンくらいのモデルがオススメです。

400ルーメンくらいのモデルなら、腰から下げてもそこまで邪魔になりません。

 

700〜1000ルーメンのモデルになると、価格や連続点灯時間の他に、サイズも大きくなってきます。

あまり大きいモデルだと、パトカーを乗り降りする際、シートに引っかかります

 

以上のことを勘案しても、100〜500ルーメンのモデルがオススメです。

 

クリップタイプ

クリップタイプのLEDライトは、暗い場所で職務質問をする際、手元を照らしてくれます。

両手がフリーなので、手帳や備忘録への書き込みがとてもラクです。

最近は支給品で、耐刃防護衣の肩部分に取り付けできる懐中電灯もあるようです。

しかし、個人的にあの懐中電灯は「重そうだなぁ」と見るたびに感じます。

そこで、私も含め多くの警察官が愛用していたクリップタイプのLEDライトを紹介します。 

 

TRUSCO LED クリップライト(LED3球)TLC321N

TRUSCO LED クリップライト(LED3球)TLC321N

 

トラスコのLEDライトは周りでの保有率も高かったです。

耐刃防護衣の肩紐にしっかり挟むことができ、職務質問でメモを取るのに十分な明かりを作ってくれます。

 

パナソニック LEDクリップライト  ブラック BF-AF20P-K

パナソニック LEDクリップライト ブラック BF-AF20P-K

 

パナソニックもクリップタイプのライトを発売しているようです。

メーカーHPを見ると4色もカラーがありました。

 

クリップタイプのLEDライトは、遠くではなく、手元を照らすのが目的です。

なので、あまり高価なモデルでなくても大丈夫です。

性能も似たりよったりなので、ルーメン数もそこまで気にしなくていいと思います。

 

ただし、クリップとライトの間がフレキシブルに動くタイプを選んだ方が良いです。

フレキシブルに動かないと、照らしたい方向を調整できず、思うようにメモが取れないこともあります。 

 

警らの必需品、備忘録!

普段使いの大きめ備忘録

普段勤務している警察官の方には言うまでもないですが、備忘録は必需品です。

ノートが支給品かどうかは県によって違うでしょうが、AmazonではB5ノートの5冊パックが414円でした。(1冊あたり83円)

定期便で購入すると373円になるようです。(1冊あたり75円)

まぁ、2000円以上の買い物でないと配送料もかかりますし、わざわざ通販でノートを買うのは手間かもしれませんけど… 

コクヨ キャンパスノート 5冊パック 5色アソート B5 A罫 30枚 ノ-3CAX5

コクヨ キャンパスノート 5冊パック 5色アソート B5 A罫 30枚 ノ-3CAX5

 

 

それよりも本命は、こちらの画板です↓  

セキセイ クリップボード クリップファイル 発泡美人 A4-E ブラック FB-2016

セキセイ クリップボード クリップファイル 発泡美人 A4-E ブラック FB-2016

 

警察の業務で最も使いやすいのは、このフリップ式になっている画板ではないでしょうか。

フリップの無い画板だと、大事な書類が飛んでいく恐れがあります。

なにより、個人情報の取り扱いも多いので人目に触れる状態も良くありません。

Amazonで取り扱っているこちらのセキセイクリップボードは、新品で473円でした。

色も8色あり、内ポケットもあるので便利です。 

f:id:radmusicdays:20170510192016p:plain

写真を見ても、そこそこ厚みがあり、使いやすそうです。

 

いざという時の小さめ備忘録

普段のメモは大きい備忘録にしていましたが、私はもう一冊小さい備忘録も持っていました。

A7サイズのノートです。 

 

1.まず、穴あけパンチでノートに穴を作ります。

2.そこに紐を通します。

3.耐刃防護衣のポケットを開けると小さな紐の輪っかがあるので、この輪っかにノートに通した紐をくくります。

4.携帯型のミニ備忘録のできあがりです。

 

ミニ備忘録はスペースが少ないのであまりたくさんのことは書けません。

しかし、手ぶらで車を降りてもすぐに事情聴取できる体勢に移れます。

私はかなり重宝していました。

Amazonだと5冊セットで435円でした。 

 

男の汗に…ペーパー洗顔! 

泊まり勤務だと、シャワーを浴びることはなかなか難しいと思います。

私の県の場合、よっぽど汚れたとき以外、勤務でシャワーを浴びることはありませんでした。

それでも勤務中は汗もかきますし、だんだん油ぎってきます。

少しでも気持ちをリフレッシュしたい人に、ペーパー洗顔は必須アイテムです。

GATSBY (ギャツビー) フェイシャルペーパー アイスタイプ <徳用タイプ> 42枚入

GATSBY (ギャツビー) フェイシャルペーパー アイスタイプ <徳用タイプ> 42枚入

 

Amazonで323円ですが、この手の消耗品は薬局もコンビニもネットも、大差ありませんね。

私が好きなのはこの冷感タイプです。

ヒンヤリするので、リフレッシュ効果が一番高いような気がします(体感)

 

警察官の腕時計でダントツ人気はG-SHOCK 

時計が趣味の警察官も多いので、一概にこれがいいとは言えませんが、

地域警察官で保有率が多い腕時計はG-SHOCKでした。

中でもオススメは、シンプルに時間が分かるタイプです。 

[カシオ]casio G-SHOCK BASIC FIRST TYPE DW-5600E-1V メンズ 【並行輸入品】

[カシオ]casio G-SHOCK BASIC FIRST TYPE DW-5600E-1V メンズ 【並行輸入品】

 

警察業務では、一瞬で時間が分からないといけない場面が多いです。

逮捕時刻や現認時刻などです。

アナログ時計だと一瞬で何時何分というのが分かりづらい時もあります。

デジタルも時刻がずれていることはありますが、カシオのデジタル時計は精度が高いので激しく時刻がずれることはそうそうありません。 

バックライトも備えており、電池の持ちもいいです。

余裕のある方は、電波ソーラーなどのモデルも検討してみるといいかもしれません。

見た目にこだわらなければ、値段もリーズナブルで機能も十分な「チープカシオ」という選択肢もありますよ!

個人的にはかなりオススメです。 

残念ながらバンドが少し短めなので、腕の太い方にはあまり向いていません。

  

替えの靴下は持っておいた方がいい! 

靴下は、かなり重要なアイテムになります。

警察官たるもの、足元が悪くても行かなければならない場面があります。

また、自分の家では考えられないような、まったく掃除していない家に上がったりすることもあります。

そうでなくとも、24時間勤務でずっと同じ靴下はイヤだという人も多いです。

黒色のハイソックスは、今やどこでもリーズナブルな値段でまとめ買いできます。

予備は常に持っておきましょう。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

各々の方が何度か勤務を重ねるうちに「あれがあったら勤務がもっと便利だなぁ」と考えるようになるでしょう。

今回紹介したもの以外にも、さまざまな便利アイテムがあります。

ここに書かれているのはほんの一部ですので、先輩方が持っているアイテムを研究したりして、今後の勤務に役立つ工夫をしてもらえたらと思います。

 

ただし、あまり逸脱したデザインの道具を揃えると、上司から注意を受ける元になりかねません。

私の周りには、派手なカラー(蛍光イエロー)のライトを持っていて、上司に注意された警察官もいました。

(最近は蛍光カラーの製品も増えたので、あまりうるさくは言われなくなったかもしれません)

 

地域警察官は、誰もが馴染みのある制服姿で「見せる活動」をするのも大事な仕事です。

節度のある範囲で工夫して頂きますよう、よろしくお願いしますm(_ _)m