読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元刑事が書くデジモノブログ

警察歴7年の元刑事が、警察体験談からデジモノレビューまでやってます!

警察体験談 交通実習編「交通取締りと事故捜査」

【前回までのあらすじ】

刑事実習を終え、刑事の仕事を目にしたmassan。残りの交通実習では、どんなことを体験するのだろう?

www.motokeizi.com

 

 

前半:交通一課での実習

交通一課ってどんなところ?

f:id:radmusicdays:20170513181204j:plain

交通一課の主な仕事は、交通取締りです。

 

交通一課が実施する取締りは、大人数で行うものが多いです。

また違反者が違反金(罰金)を納付しない場合の捜査も行います。

警察の中では、罰金などのお金が絡むので、一般人から嫌われやすい部署になるかもしれません。

(違反金は、家計や小遣いに響きますからね)

 

他にも、自動車を登録する際に必要な「車庫証明」の手続きも担当します。

また、運転免許証の住所変更も受け付けています。

 

大人数での取締りとは

f:id:radmusicdays:20170513181205j:plain

 現認係という見張り役が違反車両を確認し、車両が通過した際、停止係がそれを停止させます。

停止係が広い駐車場に誘導したあとは、待ち受けている警察官が切符を切っていきます。

長い直線道路や、交通量の多い幹線道路で行うことが多いです。

 

ネットで交通課の取締りがイメージできる図を載せているページがありました。

興味がある方はこちらのリンクもどうぞ↓  

速度取締りの方法あれこれ

 

私はとにかく交通取り締まりがニガテでした。

切符を切るときに、喜ぶ運転手さんなんかもちろんいません。

だいたいの運転手さんが沈んでいるか、怒っています。

そうした運転手さんを説得しながら切符を切るのは、自分の性には合いませんでした。

交番時代はそこそこ切符を切っていましたが、交通一課を目指すことは考えませんでした。  

 

後半:交通二課での実習

交通二課ってどんなところ?

f:id:radmusicdays:20170513181206j:plain

交通二課は、事故の捜査を行うのがメインの業務です。

主に人身事故やひき逃げ事故などの重要な事故を捜査しますが、けが人のない物損事故でも捜査をすることがあります。

・当事者が保険金目的で虚偽の申告をしていないか

・様々な条件が絡んだ事故で、事故が起きた原因はなんだったのか

・ひき逃げの場合、事故を起こした車はどんな車でどこに逃げたのか

これらの疑わしい事故や複雑な事故の場合、さまざまな観点から事故の真実を捜査します。 

 

 

事故捜査とは

f:id:radmusicdays:20170513181207j:plain

事故捜査では、こんなことを捜査します。

  • ひき逃げ事件の場合、現場に残っている車の部品や塗膜片(塗料のカケラ)から、ひき逃げを起こした車種を特定します。
  • 人身事故の場合、事故の当事者から聴取した内容に間違いがないか、実際に現場に行き、当時の状況を再現したり、ブレーキを踏んだ場所から車がぶつかった場所までの距離を測ったりします。
  • 現場に残った試料の鑑定や、目撃者の証言、当事者の供述、それらを元に作った図面などから、事故の状況を細かく分析します。
  • 運転手が刑罰に問われるような事故の場合、検察庁に送るまでの資料も作成します。

交通法令に準じた捜査が中心ですが、仕事の内容は刑事課に似ている部分が多い部署です。

 

刑事課と交通二課は、被疑者と向き合い対峙する姿勢が強い部署です。

なので、そういった仕事に興味を持っていた私は、交番時代に書いた希望調査で、毎回「刑事」と「交通二課」と記入していました。

(結果的に刑事課に引っ張ってもらえたのですが)

  

交通二課の捜査する内容を詳しく知りたい方は、以下のリンクも参照にしてみてはいかがでしょう。

alfs-inc.com

 

もうひとつリンクを貼らせてもらいます。

こちらは警察OBの方が運営している会社のHPです。

交通鑑識に関することが載っています↓

https://kanshiki.com/service/trace/現場痕跡の種類/

 

おわりに 

私の場合、交通実習は2週間という短期間で終了しました。

今はもう少し実習期間が伸びているかもしれません。

ただ実習期間の長短に関わらず、交通部門に興味がある方は、積極的に交通のことを学んでいった方がいいです。

交通部門も警察では重要な部署なので、若いうちに色々な仕事を経験し、自分の将来の可能性を広げていってください!

 

さて、今回で「職場実習生編」の体験談は終わります。

次回の流れとしては「初任補修科編」になるのですが、授業の内容は「学校編」とあまり変わらないので、

それとは少し異なる話にしようかなぁと思います。

同期生に起こった心境や意識の変化について書くかもしれません(未定ですが)。

 

それでは、今回も長文お付き合いありがとうございましたm(_ _)m